忍者ブログ
日々、前進です。3歩進んで2歩下がる??いえいえ、ドンドン進みましょう☆
フリーエリア
Watch
Calender
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
Tomo
性別:
男性
職業:
Consultant
自己紹介:
平日は、基本的にお仕事モードです。休日は、基本的にのんべぇモードです。
最近の休日は、お仕事と学びでのんべぇモードには切り替わらない日が多いですが・・・

よく学び、よく遊び、よく飲むがモットーです。

真面目な話がほんの少し、適当などうでもイイ日常がほとんどでしょうが、よろしくお付き合いください。
お天気情報
最新CM
無題(返信済)
(04/26)
こんにちは(返信済)
(03/23)
無題(返信済)
(03/22)
無題(返信済)
(12/03)
無題(返信済)
(10/21)
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(08/11)
(05/11)
無題(返信済)
(05/07)
無題(返信済)
(01/02)
Amazon♪
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/08/19(Sun) 16:52:50
年始に、いつか見ようとあたためておいた最高の人生の見つけ方 [DVD] を見ました。

ジャックニコルソン、モーガンフリーマン共に、キャラクターにあった役柄でしたね。
多くの方は既にご覧になったと思いますが、まだご覧になっていない方には
是非ともお勧めします。

既に色々なところで絶賛されています。
http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E6%96%B9

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id329594/


人の人生とは限りあるもの、限りある人生を最後まで有意義に過ごしていきたいものです。



PR
2010/01/28(Thu) 08:07:11


スカイオブラブ / 愛 断了線でございます。 


無線で知り合う二人。同じ大学に通うことから、キャンパスで会おうと約束をしたのになぜか会うことが出来ない二人。二人の間には、20年という時空が存在していた・・・。 なんだか、何度か観たことのある記憶の片隅にあるようなラブストーリーの展開。

何かハリウッド映画のリメイクの元になった映画なのでしょうか・・・? F4のケン・チュウ主演による、時空を超えた二人の恋を描くファンタジー・ラブストーリーだそうです。F4って、香港のSMAPみたいな感じなのでしょうか?まぁ、どうでもイイですけど(笑)


 ストーリーの中で、『愛』とは何だみたいな二人のやり取りが出てきます。印象に残っているのは、『愛は自然なのだ。息をすることや、雨が降ることと同じこと。自然なの。』(こんな感じでした)という話。分かるような分からないような。築き上げられた『愛』、相思相愛となって育んだ『愛』は、そうなのかもしれません。自然と二人の、彼らの心の中にあるのでしょう。ただ、出会った二人、関係を始めたばかりの二人の間に『愛』はあるのか疑問が出てくる。



そうなると、恋と愛の違いは?という哲学的な話になってくる。


別に哲学的な話には、今は興味がないので割愛しますけど。ボク個人にとっては、まだまだ『愛』の初心者なのでしょうね。 愛を言葉にせよ、と言われても困りますし・・・。まぁ、言葉にするものではないのかもしれませんが。 最近心がけているのは、『求めるなかれ。与えよ、されば与えられん。』です。聖書の言葉のようですが、どこで仕入れたのかは忘れてしまいました。ただ、色んなことに通じる言葉だと思うので、極力忘れないように生きています。結構、忘れてしまいますけど(汗)
2007/05/20(Sun) 23:19:33
先日、『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を見てきました。

 
  


仕事の忙しさにカマかけて、連絡が途切れがちだった方と
久しぶりに、休日を一緒に過ごしませんか?と誘ってみると

彼女:泣ける映画が見たい!
ボク:それじゃあどんなのがお好み?
彼女:男性が一生懸命生きているのを見ると、泣けてくる
ボク:おぉ、アツイねぇお主(笑)

と言った他愛の無い会話をしつつ、↑の映画に決まったのでした。


彼女にチケットを買っておいてもらったのですが、最近は
Webで席まで予約できるんですね。う~ん、便利になったものですね。

邦画を映画館で見ることは、ほとんど無いボクですが、
全編モンゴルで撮影し、邦画にしては珍しく30億近いお金をかけたらしいので
軽く期待を持っていたのですが・・・・・・・

まぁ、チンギス・ハンの人生を2時間くらいの時間で描ききること自体が
難問なのかもしれませんね。『金曜ロードショー』あたりで観るレベルの映画だと
思います。

ただ、一点面白かったのは、席についてみて何か違和感がありました。
何だろうと思い、回りを見てみると、若い人がほとんどいない!白髪の頭か、ピカピカと
光る頭がほとんどじゃん!!

観客の平均年齢は、年金受給年齢と肉薄していること間違いなし!ってなくらいの
年齢層でした(汗)チョット、自分達がまだまだ若いことを実感できた瞬間でした。
2007/03/18(Sun) 10:43:47
HOME  
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com