忍者ブログ
日々、前進です。3歩進んで2歩下がる??いえいえ、ドンドン進みましょう☆
フリーエリア
Watch
Calender
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Tomo
性別:
男性
職業:
Consultant
自己紹介:
平日は、基本的にお仕事モードです。休日は、基本的にのんべぇモードです。
最近の休日は、お仕事と学びでのんべぇモードには切り替わらない日が多いですが・・・

よく学び、よく遊び、よく飲むがモットーです。

真面目な話がほんの少し、適当などうでもイイ日常がほとんどでしょうが、よろしくお付き合いください。
お天気情報
最新CM
無題(返信済)
(04/26)
こんにちは(返信済)
(03/23)
無題(返信済)
(03/22)
無題(返信済)
(12/03)
無題(返信済)
(10/21)
無題(返信済)
(09/16)
無題(返信済)
(08/11)
(05/11)
無題(返信済)
(05/07)
無題(返信済)
(01/02)
Amazon♪
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/14(Thu) 22:21:18
さて、「先入観」についてです。

大前研一氏は、以下のように述べられています。
-------------------------------------------
自分たちがそう思い込んでいるだけの「先入観」ではないのか?
先入観にとらわれている人は、目の前で起きている現象がその通りに見られない。「百聞は一見にしかず」といいますが、彼らにこの言葉は当てはまりません。一見していながら、自分の先入観の範囲内でしか見ていない。「見る」という行いが、自分の先入観を確認・固定する作業にしかなっていないのです。
まず先入観を疑ってみましょう。すべては、そこから始まります。
------------------------------------------------

耳年増といいますか、話を聞いているだけでなくて、自分の目で見よ(百聞は一見にしかず)ということだけでなく、「見る」時の視点も大切である、ということですよね。
いくら見ていると言っても、そのときの視点がが偏っているならば、見ていることにはならない。
一つのことを色々な視点で見ることを心がける。自分の考える世界が全てではなく、あの人なら
どう考えるか?利用者ならどう考えるか?こういう見方もあるのではないか?立場を変えてみたり、
考えを変えてみたりと、色々な視点で見ることが大事ですよね。

少子化と言われて久しいですが、それは日本だけの話なのではないか?視点を広げると、少子化というよりは、アジア全体・世界全体では、むしろ人口は増えているのではないか?といった風に視点を変えてみることが大事なのでしょうね。


PR
2008/11/28(Fri) 23:59:46
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
MESSAGE
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com